ヘッダー さゆり幼稚園HOME さゆり幼稚園HOME

 
さゆり幼稚園とは
幼稚園の一年
幼稚園の一日
入園案内
園だより
ひよこクラブ
ゆりかご教室
地域開放事業
リンク
メール
 
幼稚園のブログ
ひよこのブログ
さゆり幼稚園日記
イースタービレッジとの交流
 
 
 

 

園だより
 

進級・入学から1か月☆

 
 

園庭のクロッカスやチューリップ、水仙が咲き始め、春の訪れを感じられるようになりました。
子ども達からも「ストアの近くにつくしがたくさんあったよ!」「たんぽぽ咲いてたよ♪」と春の便りをお知らせしてくれます。
 
進級・入園からもうすぐ1か月を迎えようとしています。年長・年中組は新しい環境にかなり慣れた様子が見られています。3月までの姿とは異なり、お兄さん・お姉さんになったことをちょっぴり自慢げに教えてくれる様子に頼もしさを感じています。
年少組は園生活の流れがわかることで、楽しく遊んでいる子や逆に不安を感じる子もいますが、先生方との信頼関係が少しずつ築かれつつあります。
長いゴールデンウィーク後、みんなどんな顔で登園してくるのかなぁ・・・と思うと、楽しみでもあり、ちょっぴりドキドキでもあります。

そんな中、新米園長も1か月が経とうとしています。何をしたらいいのかわからずバタバタの毎日を過ごしていますが、結果、今までと変わりのない日々を過ごしています。
日々園長として何をしたらいいのか悩んでいる私に、ある人に読んでみるよう勧められた詩があります。 

『わたしと小鳥と鈴と』
わたしが両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥はわたしのように、地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴はわたしのように、たくさんなうたは知らないよ。

鈴と、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい。
          (金子 みすゞ)

金子 みすゞさんの有名な詩です。ご存じの方も多いことでしょう。「みんなちがってみんないい」、一人ひとり「あなたはあなたでいいんだよ」という意味のこの言葉に、本当に気持ちが楽になりました。
子ども達も同じなのだと思います。周りのお子さんと、自分の子とは「みんなちがって、みんないい」んです。お父さん・お母さんからの「あなたはあなたでいいんだよ」の言葉や態度にどれだけ安心感を覚え自信を持って過ごせるのでしょう。いい大人の私でさえ励まされ、自分のペースでいいんだな、と思えたのですから。だから周りと比べることなく、お子さんのことを見てあげてほしいなと思います。
 
余談ですが・・・でもそんな私に対してその方は、『ただしこの詩は、「わたしはわたしでいいんだ」と解釈してしまうと、好き勝手でいい、何をしてもいいんだ、になってしまい、自己中心の解釈になってしまうからね。気をつけなさいと。』(笑)心して気をつけていきたいと思っています。

 
  園長 入山 美穂